京都で訪れたいおすすめの洋食店|知っておきたい老舗や名物ランチ

和食で名高い京都ですが、都としての歴史が長い古都には老舗の洋食店もたくさんあるのをご存知でしたか

ハンバーグやオムライス、エビフライには、大人になっても目がない人も多いはず。

今回は老舗や名物ランチで有名な、京都でおすすめの洋食店をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ひき肉作りからこだわる、特選和牛のハンバーグランチ

ぼんじゅーる

出典:きょうとあす

京都の中心街にあるぼんじゅーるは、1951年創業の老舗洋食店。

元々は喫茶としてスタートしたお店は、紆余曲折がありながら、2代目オーナーによって洋食屋として営業されています。

出典:Mのランチ

おすすめはシェフ自慢のハンバーグ。オーナー自ら仕入れる素材は特選の黒毛和牛。

ひき肉から仕込むハンバーグは、質感を活かして4種の部位が使われています

正真正銘、こちらでしかいただけない洋食の味。

出典:Mのランチ

デミグラスソースとトマトソース、お好みのソースを選びましょう。

平日ランチならお手ごろなお値段のセットをいただけるのでさらにおすすめ。

コロッケやエビフライ、ビーフシチューなどのサイドメニューもついて、ボリュームたっぷり。

味良し、値段良しの洋食屋ですよ。

ぼんじゅーる

特製“ドビソース”と昔ながらのオムライス

グリル小宝

出典:大阪市都島区の柿本大治司法書士・行政書士事務所

老舗の洋食屋といえば、グリル小宝も外せません。

京都の東側岡崎エリアに位置するこちらのお店は1961年創業。

祇園の有名洋食店、たから船のコックであったオーナーが開かれたレストランです。

出典:食べログ

“ポークジクセル”や“チキンコキール”など、今ではあまり聞かれなくなった定番の洋食メニューが並ぶグリル小宝。

こちらではぜひ、オムライスをオーダーするのがおすすめです。

出典:関谷江里の京都暮らし – ココログ

しっかりと焼いた昔ながらの玉子に、お店特製“ドビーソース”がかけられた一品。

牛すじやたまねぎ、ニンジンを2週間もかけて煮込んだデミグラスソースは、老舗の顔ともいえる味わいです

開店前から行列ができることもあるので、ランチ時の訪問などは余裕をもって。

グリル小宝

やみつきになる名物“ピネライス”

キッチンゴン

出典:京都で暮らそう

京都の洋食好きなら一度は耳にしたことがあるであろう“ピネライス”。

洋食をたっぷり食べたい、というタイミングでおすすめしたいのがキッチンゴンです。

出典:京都COCOニャンブログ

ピネライスとはキッチンゴンのオリジナルメニュー。

お店特製のチャーハンにカツがのせられ、さらにカレーがかけられたボリューム満点の一皿です

シンプルな味つけのチャーハンと薄めのカツなので、それぞれの味のかけ合いを楽しめます。

ちなみに、ピネとはフランス語で「カツ」の意味だとか。

出典:トリップアドバイザー

お好みに合わせたアレンジを楽しめるのもうれしいポイント。

ガーリックライスやドライカレー、ハヤシソースに牛カツへの変更など、自分好みのピネライスを選ぶことができますよ。

味はもちろん、胃にどっしりとくる食べごたえにもやみつきになる洋食屋。



京都でおすすめの和食朝ごはん特集

京都でおすすめの朝ごはん特集|おいしい和食をいただきに

京都で一番古い老舗洋食レストラン

東洋亭

出典:www.tripadvisor.jp

東洋亭は明治創業、100年以上の歴史を持つ京都で一番古い洋食屋です

老舗洋食店の看板メニューは、ホイル包みのアツアツハンバーグ。

食べる直前にホイルを開けると、ソースの芳醇な香りが広がります。

出典:食べログ

ランチセットについてくる“丸ごとトマトサラダ”もぜひいただいておきましょう。

皮を丁寧に湯剥きしたトマトを主役にしたシンプルな一品。

ツナサラダと特製ドレッシングを添えただけなのに、もう一度食べてみたいと思わせるおいしさです。

出典:WACT|株式会社ワクト 一級建築士事務所

四条河原町の京都タカシマヤ、京都駅地下街ポルタと北山本店の3店舗あるので、立ち寄りやすい場所でおじゃましましょう。

東洋亭

栄養バランスも考えた愛あるランチ

グリルにんじん

出典:京都いいとこウェブ

グリルにんじんは京都の北側、一乗寺にある洋食屋。

住宅街にあり、地元の人々からも人気のお店です。

その理由はリーズナブルなお値段。

日替わりランチは930円で、メインに豚汁、サラダ、ライスがついたボリュームたっぷりのセット。

出典:貯豆庫 – FC2

開業当初は現場作業員の利用が多かったことから、味と値段、栄養バランスの良いメニューを日々研究されていたオーナー

その頃の思いは今も変わらず、毎日食べられる洋食の提供を心がけられています。

出典:ameblo.jp

現在はソムリエの資格をもつ2代目オーナーとともに切り盛りされています。

グリルにんじんの料理に合うワインもセレクトしてもらえる洋食店。

ランチはもちろん、おしゃれなディナーで利用するのもおすすめです。

グリルにんじん

優しい味の手作りソースとビーフシチュー

グリルじゅんさい

出典:kyoto.graphic.co.jp

グリルじゅんさいも京都の北エリア、地下鉄「国際会館」駅前にある老舗洋食店。

近くにある宝が池にかつて生息していたという“じゅんさい”からお店の名前がつきました。

出典:Gooブログ

市街地から離れた場所にあるこちらは、化学調味料に頼らない優しい味にこだわりが。

メインの料理はもちろん、タルタルソースなどのドレッシングにいたるまで、手作りのものを提供されています

出典:Seesaa ブログ

自慢のメニューは代々受け継がれるビーフシチュー。

ゴロゴロと入った大きなお肉はとってもやわらか。

もうひとつのおすすめメニュー、クリームコロッケとのリピーターも多いようです。

グリルじゅんさい

京都でおすすめの懐石ランチ特集

京都のランチで懐石料理|手ごろな価格帯で訪れてみたいおすすめ料理店

肩肘のはらない雰囲気と懐かしい味の洋食屋

洋食のらくろ

出典:おなかいっぱい – ココログ

日本を代表する映画俳優らも愛した、老舗洋食店のご紹介です。

下賀茂神社近くにあるのらくろは、メインストリートから隠れた場所にあるこぢんまりとしたお店。

昭和頃までは松竹撮影所の映画スタジオが近くにあり、スタッフや出演者から重宝されていました。

出典:食べログ

当時からの人気メニューは“トルコライス”。

半熟玉子で包まれたチキンライスに、薄く叩いた一口サイズのカツがのせられています。

デミグラスソースと相性の良い、昔懐かしい味。

出典:livedoor Blog

セットでいただける丁寧に裏ごしされたポタージュもまたほっこりとする一品。

人当たりの柔らかい主人の出迎えもあって、肩肘をはらずにお邪魔できるお店のひとつ

文人も愛したコロッケとフライのごちそう

みしな

出典:E・レシピ – エキサイト

惜しまれつつも幕を閉じた、祇園の人気洋食店つぼさかを前身とするみしな。

「洋食はごちそう」というイメージを守り続ける老舗の洋食店です。

リーズナブルではありませんが、洋食好きなら一度は訪れてみたいおすすめスポット。

出典:アクアディーナ

ランチの人気メニューはカニクリームコロッケとエビフライの盛り合わせ。

ぷりっと身の締まったエビフライと、濃厚なクリームのコロッケは、盛りつけからも上品さを漂わせます

出典:食べログ

自家製のちりめん山椒でいただくお茶漬け付きというのが、乙なはからい。

多くの文人や料理ツウに評判という理由は、こうしたところにあるのかも知れません。


京都のグルメレポといえばこの方の右に出る者はいません

グルメを中心としたそのほかの記事はこちら

グルメ記事のカテゴリートップ

“人気グルメ”で探す京都観光

京都でおすすめのうどん屋特集

京都でおすすめのうどん屋|おいしいと話題の有名店をご紹介


以上、京都でおすすめの洋食屋をご紹介しました。

京都にはたくさんの洋食屋があり、お店によって味も雰囲気も様々です。

それぞれのお店を訪れて、自分好みの洋食屋を見つけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする