30分で売り切れる完熟イチゴのミルフィーユをいただきに!|Kotomal現地レポート!メゾンドフルージュ

いつも「京都観光のことならKotomalメディア!」をご覧いただきありがとうございます。

Kotomalスタッフの竹田です。

京都の観光スポットを実際に訪問した感想をお届けする『Kotomal現地レポート!』。

今回は知る人ぞ知る完熟イチゴのミルフィーユ、メゾンドフルージュをお届けします

スポンサーリンク
レクタングル(大)

人気の理由はここでしか食べられない“完熟イチゴ”

今回おじゃましてきたのは、京都で人気ケーキ店の一角として知られるメゾンドフルージュ。

人の出入りが多い観光地だけあって、市内にはそこかしこにお店が並びますが、そのなかからあえてメゾンドフルージュを選びたい理由が“イチゴ”へのこだわり。

メゾンドフルージュのケーキに使われているイチゴは真っ赤な色合いが特徴的。

それもそのはず、ギリギリまで農家で育てられて「まさに今が食べごろ!」というタイミングになったものをセレクトされているからです

一般的な流通経路では実現できない、本当においしく育ったイチゴを契約農家から仕入れられています。

そんなメゾンドフルージュのラインナップはもちろんイチゴケーキが主役。

そのなかでも特にイチオシが「イチゴのミルフィーユ」

お店の看板メニューとして知られていて、早ければ午前中に完売することもあるというのだから脱帽です…。

いざ訪問!ケーキ店に開店前の行列…

そうなれば当然、今回の狙いはイチゴのミルフィーユ。

土曜日を利用しての訪問だったため「観光客で行列になっているかも…」なんて不安から開店の30分前にはお店に到着していました。

するとなんと!

やっぱり開店待ちの方々がちらほらいるではありませんか

その後もお客さんは増え続け、予想通り開店前の行列が。

恐るべしメゾンドフルージュの人気っぷり。

見た目にもばっちりのイチゴのミルフィーユを実食♪

そんなこともあり1人落ち着きを欠いていましたが、入店後はゆっくりとケーキを堪能。

カフェスペースを設けた店内で、一番人気のイチゴのミルフィーユを無事にいただきました!

イチゴをぜいたくに重ねたミルフィーユはリボンでくくられているので、これを小さなハサミでカットして開けます。

流行りの“フォトジェニック”さに抜かりがないのもさすがです…

味についてはいうまでもなし、気になる方はぜひ実食を。

ちなみにこの日は開店から30分で売り切れという、恐ろしいほどの人気っぷりでした…

並べない人でも食べておきたいイチゴのケーキが揃っていますよ!

「その時間にはどうしても京都に着かない」という人、ご安心下さい。

実は今回、一緒にイチゴのショートケーキもいただいたのですが、こちらの味も絶品でした

その他のケーキでも十分メゾンドフルージュの完熟イチゴを楽しめるはずです。

広々とはいえませんが、こじんまりとしていてゆっくり休憩できるので、京都観光のティータイムにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ケーキだけでなくお土産にもできるイチゴの洋菓子などもお見逃しなく。


メゾンドフルージュ

京都市中京区東洞院通三条下る三文字町201 1F

京都市営地下鉄烏丸線「烏丸御池」駅より徒歩4分

11:00~19:00

月曜日定休

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする