拝観とハイキングの2本立てで楽しめる伏見稲荷大社を歩いてみました♪|Kotomal現地レポート!伏見稲荷大社

いつも「京都観光のことならKotomalメディア!」をご覧いただきありがとうございます。

Kotomalスタッフの竹田です。

京都の観光スポットを実際に訪問した感想をお届けする『Kotomal現地レポート!』

今回は朱色の鳥居でおなじみの伏見稲荷大社をお届けします

スポンサーリンク
レクタングル(大)

日本で最も人気のある伏見稲荷大社と「千本鳥居」

今回おじゃまをしてきたのは伏見稲荷大社。

数ある京都の観光スポットでも随一の人気を誇る場所ですね。

日本でもユーザーの多い観光口コミサイト、トリップアドバイザーでは日本で注目の観光名所として栄えある第1位に輝いたこともあります

皆さんが支持するその理由は「千本鳥居」

伏見稲荷大社は山の中腹に建てられた神社ですが、その山道に果てしなく続く鳥居のトンネルがとっても印象的。

古都観光の雰囲気に浸るにはうってつけです。

…と解説を続ける私Kotomalスタッフ竹田。

実はいまだかつて伏見稲荷大社に足を運んだことがありませんでした…。

今回はその雰囲気を実感すべく、現地におもむいてきた次第です

意外にも簡単アクセスで拍子抜け…

足を運んだのは5月のある土曜日。

京阪電車などを利用して京都駅の南側に向かうため、主要観光地とは真逆への移動です。

実はこれを理由に「伏見稲荷って遠そう…」と思いこんでいましたが、実際のところはそうでもなく。

京都の市街地から電車で約10分、そこから徒歩で約5分とあっという間に到着してしまいました

境内への参道にお土産どころや出店が並ぶため(…!)、あちこちで足を止めてしまいなかなか本殿に近づけず。

このまま本来の目的を忘れるのではないかと心配する自分もいましたが、なんとか境内にたどりつくことができました。

千本鳥居とハイキングのナイスな組み合わせ!

前評判のとおり外国人観光客の多さが目立ちます。

さすが伏見稲荷大社。

ここから境内の拝観に向かったのですが、伏見稲荷の拝観といえば山道のハイキング

本鳥居の続く山中は散策を楽しめるという仕掛けになっています。

当日は写真のとおり好天に恵まれたので、気分よく山中を歩いてきました。

果てしなく続く鳥居の様子は眺めるだけでも神秘的ですが、自然のなかで体を動かしているとなお効果的かもというのが今回の感想

静かな空間でよりスッキリとした気分になり、自然と背筋が伸びているのが不思議でした。

なかなかの暑さではあったもののゴールまで無事に到達。

山頂から見下ろす京都の風景にご満悦の竹田でした

みなさんもぜひご覧になってみて下さい!

実際に山道を歩いてみた感想として、動きやすい服装とスニーカーで向かうのは絶対条件。

水分補給ができるようにしておくのも大切かと思います。


伏見稲荷大社

京都市伏見区深草薮之内町68番地

京阪本線「伏見稲荷駅」から徒歩5分

終日開放 ※ご祈祷は8:30~16:30

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする