京都の夏観光!祭りやイベントの定番7選はもうおさえた?

京都の夏観光といえば、伝統の祭りやイベントも欠かせません。日本でも有数の観光地ゆえ、大小合わせるとその種類は知れず。ということで今回は、夏の京都観光に定番の祭りやイベントを厳選してご紹介します!「わずか数日の京都観光、人にも自慢できるような有名な行事を体験したい!」そんな方はぜひ最後までご覧下さいね♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)

夏の京都といえば「大文字」

OSK201108090270

出典:www.asahi.com

京都の夏のイベントといえば、8月16日に行われる五山の送り火がとても有名。

「大文字」という呼び方であれば、ほとんどの方が一度は聞いたことのある行事です。

送り火自体はお盆の終わりを告げる仏教行事ですが、京都の大文字は特別。

観光客にも夏のイベントとして人気があります。

7b70d0ee0940847eb9f9930b53d8ebe4

出典:blog.goo.ne.jp

いつ頃から誰によってこのイベントが始まったのか、詳細はいまだ解明されていない大文字。

以前はもっと多くの送り火が存在していたようですが、現在は5つの山で行われています。

もっとも有名なのは東山の「大文字」。

その他にも、嵯峨に灯される鳥居形や松ヶ崎の「妙法」などは、京都ならではの風物詩です。

5de2fdcab212842967b77afa0152b4cb

出典:gantatsu.com

各山での点火開始は、当日午後8時から。

東山の大文字から、5分おきに点火されていきます。

5つの山を全て見渡せるスポットも良いですが、好みのひとつを間近で見るのがおすすめです。

約1時間続く送り火をゆっくりと眺める、夏の京都観光をしてみましょう。

送り火とあわせて眺めたい「嵐山の灯籠流し」

img_0

出典:blogs.yahoo.co.jp

五山の送り火を見る場合は、同日に行われる嵐山の灯籠(とうろう)流しもおすすめ。

大文字と同じく、お盆を終えた後の精霊送りとして行われる夏の行事です。

1c0061c0421b12fb6ad6f94f4f38ff332062fa03

出典:kinarino.jp

嵐山から流れる桂川をまたぐ渡月橋から、ゆっくりと灯籠が流れていきます。

市街地を少し離れた静かな場所で、風流な光景が見られるのも京都ならでは。

d1149257

出典:www.ettoday.net

午後8時半ごろには、京都市西方の嵯峨で鳥居形の送り火が始まります。

送り火を背景に見る灯籠流しで、さらに特別な夜を過ごしてみては。

日本三大祭りのひとつ「祇園祭り」

maxresdefault

出典:find-travel.jp

京都の夏祭りといえば、祇園祭りははずせません。

1000年以上もの間続く歴史ある祭りです。

京都のみならず、日本を代表する祭りとしても有名。

東京の神田祭り、大阪の天神祭りと並んで、日本三大祭りとされています。

201306281935481cf

出典:hanadaikoku.blog134.fc2.com

祭りそのものは1ヶ月にわたって様々な行事を行っていますが、観光客にもよく知られているのは宵山(よいやま)です。

毎年7月14日~16日の3日間、京都市内中心地にある各町が、長年守り続けてきたお祭りの山鉾(やまぼこ、山車のこと)をお披露目する行事。

それぞれに由来のある特徴的な形も面白いのですが、飾り付けのタペストリーも要注目。

数百年以上前に海外から渡ってきたお宝のような品を、間近で見られるチャンスです!

131090491265413300603_004

出典:88773019.at.webry.info

宵山に並んで人気なのは山鉾の巡行。

街中の厄を集めてしずめるため、山鉾が隊列をつくって巡行します。

10トンもある鉾が人力でひかれていく様子は圧巻の一言!

辻回し(つじまわし)と呼ばれる方向転換も見所のひとつ、観光の思い出として自慢できるポイントです。

期間限定ご利益アップ!夏の清水寺

143960380297647388178

出典:asachio.at.webry.info

お寺や神社の参拝からも、夏ならではのイベントをご紹介!

お盆休みを利用して京都を観光する人は、清水の舞台で有名な清水寺へ行ってみましょう。

「千日詣(せんにちまいり)」と呼ばれるイベントが行われています。

20130809130819www111

出典:blog.goo.ne.jp

千日詣とは、一度のお参りで千日分のご利益があるといわれる特別な日。

約1週間にわたって行われるイベントです。

普段は入ることのできない、本堂の内部まで見ることができますよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典:www.syasin.biz

8月14日~16日には、夜間拝観も可能です。

お堂だけでなく境内全体がライトアップされて、とっても幻想的。

清水寺へ向かうまでの石畳が照らされる光景も、夜間拝観ならではです。

清水寺

ひんやり涼しい!「みたらし祭り」

DSC_2464

出典:kyoto-design.jp

下鴨神社で毎年7月に行われているみたらし祭り。

この祭りも京都夏の風物詩として、京都民に愛されています。

足つけ神事と呼ばれる、一風変わった祭りです。

709878285586160603235fd4122e27738dbe556d.08.2.9.2

出典:plaza.rakuten.co.jp

この祭りの起源は平安時代。

貴族は罪やけがれをはらうため、下鴨神社にある御手洗池(みたらしいけ)に足をひたしていたそうです。

それにならって、現在も神事として行われているのがみたらし祭りです。

photo_mitarashi_03b

出典:micro.rohm.com

ひんやり冷たい御手洗池に素足で入るのが気持ちいい!

夜更けすずしさが残る早朝からロウソクの灯りが幻想的な夜まで、お好みの時間帯に行ってみましょう。

夏の暑さを楽しめる、夏の京都観光にぴったりのイベントです!

下鴨神社

夏の新緑のもとで古本祭り

060811_01

出典:www.thekyoto.net

夏のイベントとしては変わりダネなのが納涼古本祭り。

こちらはみたらし祭りと同じ下鴨神社で行われる行事。

緑一色の糺の森で行われる、屋外イベントです。

14e5cf6c

出典:blog.livedoor.jp

もともと人口の集中する町で、大学も多いことから古本屋の残る京都。

時代とともにその数は減っていますが、学術書から小説、趣味の雑誌など、珍しい古書を扱う古本屋はまだまだ点在しています。

祭り当日は京都のほか、大阪や奈良からも数十店舗が集まり、合計で数十万冊の古本を見てまわることができます!

CIMG8835

出典:koshoken.seesaa.net

古本市と聞いて文学派だけのイベントと決めてしまうにはもったいない!

趣味娯楽の本やアート・ファッション誌など、様々に充実しているので、ぶらぶらと眺めるだけでも足が止まるはずです。

息抜きがてらの観光スポットとしてもおすすめです。

夏の夜を照らす「京の七夕」

thumb5

出典:ganref.jp

京都の夜を彩る「京の七夕」。

始まって間もないイベントですが、すでに夏の定番行事として人気です。

複数の観光スポットが対象になっているので、お好みの会場へ行ってみましょう。

d766d6087102ac3a4b4c748c3916b7c4

出典:guesthouse-waon.com

おすすめのひとつは岡崎会場。

日本有数の大鳥居のライトアップのもと、平安神宮周辺の飲食店などで音楽や飲食イベントが行われます。

美味しくて楽しい夜の観光はぜひこちらへ。

60852

出典:find-travel.jp

ライトアップとイルミネーションを楽しみたい人には、堀川会場と鴨川会場がおすすめです。

竹かごで灯された鴨川沿いの散歩や、伝統工芸の友禅織(ゆうぜんおり)を水面に照らすなど、京都ならではの夜。

カップルの観光にはぴったりですね!

京の七夕

ご紹介したエリア周辺の観光情報をさらにチェック!


以上、夏の京都観光に定番のお祭り・イベント7選をご紹介しました。気になるイベントはいくつありましたか?どれもスケジュールのあるものばかりなので、観光計画をしっかり立てておくのがおすすめです。桜や紅葉の時期に負けず混み合うシーズンなので、宿の確保もお忘れなく!

こちらの記事はAirbnb運営代行の京都KOTOMALがお届けしています!Airbnbって何?」「Airbnbでホストになりたいけど一人では大変そうそんな方はぜひKOTOMALへご相談下さい!ホストデビューをお手伝いします!
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする