京都の夏観光|真夏におすすめスイーツ・お土産ガイド!

日本有数の観光地として有名な京都は、夏の暑さも日本屈指。夏場の京都観光には、暑さを吹き飛ばす冷た~いスイーツや納涼お土産が必須です。ということで今回は、夏の京都観光におすすめしたいスイーツやお土産をご紹介!ほてった体が喜ぶ、夏におすすめの京都観光を楽しみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

和の納涼スイーツ「琥珀流し(こはくながし)」

1

出典:erisekiya.cocolog-nifty.com

京都観光のお約束ともいえるスイーツ。京都の老舗和菓子屋さんである大極殿本舗 栖園(だいごくでんほんぽ せいえん)に行ってみましょう。夏の納涼にはぴったりなスイーツ「琥珀流し」をいただけます。

22

出典:www.my-fav.jp

琥珀流しとは寒天菓子。とっても柔らかでつるんとした寒天に、さっぱりとした蜜をかけていただきます。上品な甘さと透明感で、夏の暑さなんか忘れしまいますね♪

3

出典:erisekiya.cocolog-nifty.com

蜜のお味は月替りという遊びごころも。夏場は梅酒、ペパーミントにひやしあめなど、季節感たっぷり。京都の夏に欠かせない和スイーツです。

夏にぴったりの一級わらび餅は、茶寮 宝泉(ほうせん)

夏にぴったりのスイーツといえば、わらび餅も人気です。京都でいただくなら茶寮 宝泉(ほうせん)へ。注文を受けてからひとつずつ作られる、できたてのわらび餅をいただけますよ。

640x640_rect_34513685

出典:tabelog.com

宝泉のわらび餅は、正真正銘の本格派。一般的にはサツマイモなどからとれるデンプンが使われていますが、宝泉のものはわらび粉100%。できたてなばかりでなく、もちっとした噛みごたえと自然な甘さはまさに絶品です!

450-war-3

出典:www.osaka-ibc.com

お店の構えもスイーツにひけをとらないたたずまい。静かなお座敷から、青々としげった庭園を眺めつついただきましょう。夏の納涼効果がさらにアップすること間違いなし!

宝泉堂

夏の和菓子スイーツといえばかき氷

夏の暑さをしのぐスイーツに、かき氷は外せません!甘味処やカフェの多い京都には、評判のかき氷が山ほどありますが、観光気分もしっかり味わえるお店をピックアップ♪

京都観光にはずせない、抹茶系スイーツなら辻利(つじり)

640x640_rect_34102567

出典:tabelog.com

京都観光といえば「お寺」「神社」「おばんざい」などなど、定番のキーワードがたくさんありますが、「抹茶」もそのひとつ。抹茶スイーツをプッシュするお店もたくさんありますが、せっかくなら本場の辻利へ。観光地の中心にある祇園本店は常に行列をつくっていますが、待ってでもいただく価値ある老舗です。

都路里P1320712

出典:matome.naver.jp

辻利のかき氷は京都の宇治抹茶を使った本格派。濃厚で香り高い抹茶スイーツは、ほかのカフェでは絶対に食べられない極上の味です。一口食べるだけで京都観光気分は最高潮、待った甲斐を感じるはず!

辻利

京都ゆかりのリプトンでミルクティーかき氷もあり

lipton003

出典:kyoto.graphic.co.jp

こちらはご存じ紅茶のリプトンのお店。いまや紅茶の代名詞ともいえる英国リプトンですが、日本では京都三条にあるカフェとしてスタートしました。そんな京都ゆかりのお店でも、限定かき氷がいただけます。

1_4

出典:erisekiya.cocolog-nifty.com

リプトンのかき氷は、三重県の山間を流れる天然水を使った特製スイーツ。気になるフレーバーはもちろん紅茶テイスト、濃厚なロイヤルミルクティーのシロップとアイス、ゼリーが評判です!温かい紅茶といただくのも良いかもしれませんね♪

リプトン

猛暑の京都観光にピリッとしたお土産はいかが?

町の四方を山に囲まれた京都は、夏場特に暑いことでも有名。そんな夏を乗り切るのに欠かせないのが、ピリッと香辛料の効いたおそうざい。味にアクセントを出すだけでなく、食欲を増進させる効果もあるから一石二鳥。日持ちするものをお土産に選ぶのもおすすめですよ。

chirimen-1

出典:www.kogetsuan.jp

そんなお土産の代表格はちりめん山椒。ちりめんじゃこと山椒の実を、醤油とお酒で炊いた佃煮に近いおそうざいです。現在では全国的にも知られていますが、元々は京都発祥の一品

items_cube_photo_1430380174.0304

出典:shopping.tokyo-calendar.com

かつては漬物のように各家庭でつくられていたちりめん山椒ですが、現在はたくさんのお店で販売されています。観光中、あちこちで見かけるものでも、それぞれに昔ながらの味や目を引く工夫などの特徴が。お土産に選ぶなら「京都らしい」「ほかにない」ものをゲットしたいですよね。

ちりめん山椒とゆばを合わせたぜい沢な「白」

28115

出典:www.fashion-headline.com

井澤清兵衛(いざわせいべえ)のちりめん山椒は、江戸時代から代々伝わる老舗の味です。異なる材料を合わせた4種のラインナップがありますが、お土産に選ぶなら「白」がおすすめ。京都名物のゆばをたっぷり混ぜ込んだ、風味豊かなおじゃこです。やわらかいゆばの食感がたまりません。

井澤清兵衛

フレッシュな山椒の緑色が映えるちりめん山椒

kodawari

出典:www.moemi-kyoto.net

ちりめん山椒は、炊き上げるときのしょうゆで黄金色になるのが一般的ですが、もえ実のものは限りなく白色。しょうゆを控えることで、素材の味が際立っています。山椒の実は、市場にはほとんど出回らない小粒でやわらかいものを採用。独特のフレッシュな風味と、白いおじゃこに映える緑色が涼しげです。

もえ実

老舗七味屋でも夏にピッタリのお土産を

index_top

出典:www.shichimi.net

七味唐辛子も京都のお土産の定番。寒い冬のお鍋やきつねうどんにもぴったりですが、夏の暑さに負けそうなときにもシャキッとするにはうってつけ。持ち帰るのにかさばらず、あれば何かと重宝する点でもお土産に選びやすいアイテムです。

CIMG8531-1

出典:dejikamesanpo.web.fc2.com

清水寺近く、江戸時代から続く七味屋本舗は京都を代表する七味の専門店。味の要になる唐辛子や山椒は京都の契約農家から仕入れるほどのこだわりで、ふんわりと上品な香りが漂ってきます。お店で見かける竹筒やヒョウタン容器でも販売されているので、見た目にかわいらしいお土産の調達もできます♪

七味屋本舗

薬味をこえる美味しさの「生七味」

sho

出典:www.yamayoshoji.co.jp

京都五条本舗の生七味は、通常乾燥させる材料を生のまま合わせた珍しい一品。新鮮なままだからこそ、唐辛子の辛さとともにゆずや山椒の爽やかな香りも際立ちます。京都の料亭やホテルでも扱われるお墨付き、気になる方は百貨店や駅のお土産売り場で探してみましょう。

夏だから喜ばれる和菓子のお土産選び

和菓子の美味しい京都なら、お土産に甘党が喜ぶアイテムはやっぱり外せません。とはいえ、暑い夏にずっしり系のスイーツは避けたいところ。和菓子のお土産も、軽やかでさっぱりとした京都ものを探してみましょう。

070F-010s1

出典:fujingaho.ringbell.co.jp

末富(すえとみ)のうすべには見た目にも涼しげ。さくっと軽い煎餅に、甘酸っぱい梅あんを挟んだ風流な和菓子です。薄い煎餅越しに見えるピンク色もかわいらしいお菓子。

末富

爽やかなペンギンがアイコン、夏のお干菓子

mint01

出典:www.uchu-wagashi.jp

日本産のお砂糖である和三盆(わさんぼん)を使った落雁(らくがん)は、シンプルさゆえに渋くなりがちな和菓子ですが、京都のUCHU wagashiは一味違います。グラフィックデザイナーのプロデュースによって、今までにない落雁を発信。カラフルな色みとフレーバー、ポップなカタチは、食べずに並べてしまうのがもったいないほどかわいい!夏の京都観光では、期間限定の「mint」がおすすめです。

UCHU wagashi

夏場の京都観光情報をさらにチェック!


以上、夏の京都観光におすすめのスイーツ・お土産をご紹介しました。くどいようですが、京都の夏は本当に容赦ありません。スイーツ巡りやお土産買いに夢中になって、へばってしまわないようにだけご注意を。夏の京都をたっぷり楽しんで下さいね!

こちらの記事はAirbnb運営代行の京都KOTOMALがお届けしています!「Airbnbって何?」「Airbnbでホストになりたいけど一人では大変そう…」そんな方はぜひKOTOMALへご相談下さい!ホストデビューをお手伝いします!
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする