夏の京都で食べたいランチとディナーのグルメ観光スポット|玉子焼きののった名物うな丼と、フワフワはもの棒寿司

京都観光の大きな楽しみであるグルメ。

今回は夏場においしいランチやディナーをまとめてみました

はもや鮎、うなぎなど、旬の魚をいただくならぜい沢に名店を訪れてみてはどうでしょうか。

ほてったカラダを冷ますのにぴったりの甘味もありますよ。

京都の夏を存分に楽しめる、涼感たっぷりのグルメをチェックしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

夏グルメの定番といえば鮎の塩焼き

平野屋

出典:京都・鮎茶屋 平野屋

まずご紹介するのは京都嵐山でいただける鮎料理

鮎の旬は6月ごろからと、夏の風物詩としては定番です。

嵐山を流れる保津川周辺で採れた、新鮮な鮎をいただいてみましょう。

出典:フォートラベル

おすすめは平野屋。

創業は江戸時代、団子の茶店を営みながら鮎問屋もされていたお店です。

釣り上げた鮎は一晩休ませることで、活力を取り戻して食べごろになるそう。

老舗だからこそもっている知識はさすがです。

出典:京都・鮎茶屋 平野屋

注文を受けてからさばかれる新鮮な鮎は、ぷりぷり食感のお造りが絶品

鮎の醍醐味が味わえる塩焼きは、炭火でじっくり焼き上げられます。

香ばしい香りまで楽しんで下さいね。

ランチ、ディナーとも利用可能なお店です。

平野屋

精力つけるなら京都有名店のうなぎ丼

かねよ

出典:京極かねよ

夏の魚といえば、うなぎももちろん忘れられません。

“土用の丑の日”ともいわれるように、食欲を失いがちな暑い夏の日には、栄養価の高いうなぎを食べるのが一番です。

出典:トコトコト

京都でうなぎのお店といえばかねよ

京都の中心街で、ビルの立ち並ぶ河原町周辺には似つかない木造のお店がアイコンです。

大正末期に創業した当時のお店を、幾度となく修復しながら残しているとか。

出典:eo

もちろん、お店の歴史は味の信頼。

代々受け継がれてきた注ぎ足しのタレで焼くうなぎ丼は絶品。

京都らしくおだしのきかせた玉子焼きをのせる「きんし丼」もおすすめですよ

平日のみ、ランチの時間帯はお得プライスでいただけるのをお見逃しなく。

かねよ

老舗寿司屋の夏限定はも寿司

いづう

出典:レストラン検索 – ぐるなび

鮎、うなぎに続く夏の鮮魚といえばはも。

京都グルメを代表する素材のひとつとしてご存じの人も多いのでは。

フワフワとした食感がおいしく、さっぱりとした味が暑い夏にはぴったり

出典:www.city.kyoto.lg.jp

料亭や居酒屋などでの取扱いが多いため、ありつくのが以外と難しいはも。

なかなか訪問先が見つからない場合は、京都祇園にある老舗の寿司屋、いづうにおじゃましてみては。

出典:blog-kyoto.takashimaya.co.jp

塩と酢でしめた鯖寿司を取り扱うこちらでは、夏期限定ではもの棒寿司をいただくことが可能です。

夏期限定とうたうだけあって、卸先の魚屋に鮮度の良さを確かめながら取扱い期間を決めるそう

甘辛だれが新鮮なはもによく合います。

いづう

夏の京都でおすすめのお土産特集

京都の夏観光|真夏におすすめスイーツ・お土産ガイド!



↑宿泊はもちろん、京都観光に関する情報も満載です

新鮮野菜は京漬け物バイキングでたっぷりいただく

阿古屋茶屋

出典:kyotodekuraso.com

夏といえば新鮮な野菜もいっそうおいしく感じる季節。

暑くなればなるほど、みずみずしい食材が欲しくなるのは仕方ありません。

野菜たっぷりのランチを楽しめるグルメスポットといえば、京都では阿古屋茶屋が代表的

出典:hotpepper.jp

阿古屋茶屋は年間拝観者数トップを誇る清水寺そばにある、“お茶漬けバイキング”で知られるお店です。

“お茶漬けバイキング”とは、京都の代表的なお漬物を好きなだけいただけるというもの

定番から季節ものまで含めて、常時20種のお漬物を、白ごはんやおかゆと合わせて食べ比べすることができてしまいます。

出典:The Picta

たくさんのメニューを楽しめるよう、味つけは極力さっぱりとしてあるのがうれしいポイント。

夏野菜のきゅうりや水なすは定番、変り種の長芋やオクラ、みょうがなど、おなかいっぱいになるまで飽きることがなさそうなバリエーションです。

ランチ営業のみで非常に混みあうお店ですが、それでも訪れる価値がある京都のグルメスポット。

阿古屋茶屋

鴨川の“納涼床”で夏の風物詩体験

豆屋源蔵(まめやげんぞう)

出典:4travel.jp

夏の京都の光景としてよく知られる“納涼床”。

市内を流れる鴨川沿いに川床と呼ばれるお座敷を設けて、お酒やごはんを楽しみながら夕涼みしようと考えられたものです

和洋はもちろん、バラエティー豊富にお店の集まった木屋町周辺なら、きっとお好みの料理をいただくことができるはず。

出典:京都いいとこウェブ

豆屋源蔵は、大正時代の茶屋旅荘をリノベーションした豆腐料理店。

川床で京都グルメの王道、ゆばや豆腐の京料理が楽しめます。

出典:Comolib

こちらはランチタイムからコース形式。

豆腐やゆばだけでなく、揚げ物や“炊いたん”など、京都らしい料理の盛り合わせでお得です

少しお値段ははりますが、川床を楽しみながらのランチやディナーはなかなか乙なものですよ。

豆屋源蔵

ほど良いヒヤッと感がうれしいくずきり

鍵善良房(かぎぜんよしふさ)

出典:鍵善良房

夏の暑さを和らげるのに、ティータイムの甘味どころも欠かせませんよね。

ただし、暑いからといってキンキンに冷えたものばかり口にしていてはお腹も弱ってしまう一方。

ランチやディナーにおいしいグルメを楽しみたいなら、暑さしのぎもほどほどにしておかなければなりません。

出典:鍵善良房

そこでおすすめしたいのが鍵善良房。

観光中心街の祇園に位置する老舗和菓子屋には、ほど良く涼しげな「くずきり」がスタンバイしています

出典:diamond-s.co.jp

お店で一番人気のこちらは、材料にこだわった上質和スイーツ。

シンプルな味わいだからこそ、希少品とされる国産の吉野葛だけでつくられます。

つるんとした喉ごし、程よいコシの強さは本物ならではの味わいで

水の中に浮かぶくずきりの様子も涼しげできっと満足するはず。

鍵善良房

夏の京都でおすすめのお祭り・イベント観光特集

京都の夏観光!祭りやイベントの定番7選はもうおさえた?

グリーンティーの上品な甘さでひと休み

都路里(つじり)

出典:chifanlin.pixnet.net

もう一店の甘味どころも、おなかにやさしめの夏スイーツでピックアップ。

同じく祇園に本店を構える抹茶の老舗、都路里におじゃましましょう。

出典:Instagom

行列の絶えない日がないといっても過言ではないほど人気の都路里。

京都宇治からスタートした抹茶の老舗ということで、抹茶ベースのスイーツが豊富です。

濃厚で芳醇な味を口にすれば、誰もが“抹茶風”との違いを感じる本格派

出典:tabelog.com

茶寮の一番人気は断トツで抹茶パフェですが、ほど良く涼むなら「祇園しぐれ」をいただきましょう。

こちらはいわゆる“グリーンティー”。

抹茶の渋みにほど良い甘さが効いています

あと味はすっきりとしているので、観光中の足休めにいただくにはぴったりですよ。

都路里

↑どうせ探すなら徹底して夏のグルメにこだわりましょう

グルメを中心としたそのほかの記事はこちら

グルメ記事のカテゴリートップ

“人気グルメ”で探す京都観光

8月の京都でおすすめの観光スポットとイベント特集

8月の京都でおすすめの観光スポットと見どころ|サブカル好き必見の古書まつりと、背筋の凍る妖怪納涼イベント


以上、夏の京都でおすすめのランチやディナーのグルメスポットをご紹介しました。

京都らしい食材にこだわらなければ、まだまだ候補は尽きません。

万全の状態で夏の観光に繰り出して下さいね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする