京都でおいしいクッキーさがし|お土産にもしたいおすすめは?

今回は京都でおすすめのクッキー特集。

ちょっとニッチな特集ですが、ご存じ京都はたくさんのスイーツショップがせめぎ合う激戦区。

クッキーというカテゴリーに絞っても、様々なお店が存在しています

お土産に購入するのもよし、現地で食べきってしまうもよし。

おいしいクッキーに出会いに行きましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

明治時代から守り続けられる老舗の洋菓子

村上開新堂

出典:朝日新聞

京都のクッキーと聞いてこちらのお店を外すことはできません。

明治創業、既に100年以上の歴史をもつクッキーの老舗です。

村上開新堂の名前が思い浮かんだ人は、自他ともに認める京都ツウともいえそう。

出典:Another diary

長い間守られているクッキーはやさしい甘さ。

そぼくな味は流行り廃りとは無縁の、いつの時代にも愛されるものにある特徴です

ジンジャーシュガーやシナモンサブレなど、どの世代でも「おいしい」と思えるクッキーが11種類。

大きな缶入りというのも昔懐かしい雰囲気ですよね。

出典:京都村上開新堂

唯一惜しいのが予約販売のみという点。

2~3ヶ月待たなければならないということもあるようなので、ふらっと立ち寄ってお土産にというわけにはいきませんので予めご了承を。

ただし、創業時の面持ちを残すお店だけでも一見の価値ありです。

厳かな店内は、洋菓子店とは思えないような雰囲気。

フロランタンやガレット、店頭販売のみのバニラプリンなどは購入できるので、足を運ばれてみるのがおすすめですよ。

村上開新堂

フレンチレストランが繰り出す京風フレ―バー

レストランよねむら

出典:食べログ

京都の有名クッキーのもう一角を担うお店といえばレストランよねむら。

お世話になった人や格好をつけたいお土産を購入するとしたら、こちらを選んで失敗はありません。

京都祇園にある有名フレンチレストランによってプロデュースされたオリジナルクッキーです

出典:i bought[アイボウト]

先の村上開新堂と同じく大きな缶入りの詰め合わせクッキーは、全12種類のフレーバー。

お抹茶やヘーゼルナッツチョコなどのほか、黒糖きなこに七味、果てはぶぶあられと個性的。

京都らしい素材というコンセプトが形になった、色とりどりの組み合わせです。

出典:ippin – ぐるなび

パッケージデザインにはシェフイチオシのイラストレーターによって、祇園本店の様子が描かれています。

土産としてそのまま渡せそうですが、専用の巾着袋の用意もあり。

細かなところまで行き届いた気配りは、やっぱり一流レストランだからこそでしょう。

贈りものとして選びたくなるクッキーですね。

レストランよねむら

いつかどこかで出会いたいバターサンド

Nowhereman

出典:Twitter

京都の2大クッキーに続いてご紹介するのは、新鋭パティシェによるNowhereman。

独自の店舗は持たず、オンラインでの受注生産やコンセプトの一致する限られたお店でふるまわれる洋菓子は、徐々に注目を浴びる存在となりつつあります。

出典:Twitter

自身の詩を商品名としているこちらのクッキーは芸術作品のようなスタンス。

筒状になるほどぶ厚くバタークリームを挟んだのは、粗めの食感がおいしいサブレ

フレーバーは随時アップデートされているので、いただくときのお楽しみとしておきましょう。

ちなみにこちらの商品名は「本当に知りたいことは答えがない」。

出典:www.instagramator.com

不定期でオープンするオンラインストアが待ちきれない人は、京都にあるアンティークショップ、Lagado研究所か、サロンCafe Montageへ。

各店のために用意された特製スイーツをいただくのもおすすめです。

Nowhereman

日持ちするお菓子から選ぶ京都のお土産特集

たっぷり日持ちする、京都のお土産お菓子|賞味期限1ヶ月以上で選ぶおすすめ7点

風味の良さで選ぶなら京都一に推したいお店

坂田焼菓子店

出典:Small

スイーツと一口にいっても、クッキーが一カテゴリーでしかないように、味わいも千差万別。

嗅覚でもおいしいと思える、風味の良さで選ぶなら坂田焼菓子店がおすすめです。

もともと活動していた京都を離れ、縁のある雑貨ショップなどに卸をされていたオーナーですが、うれしいことに2015年に京都へ再度戻ってこられました。

出典:coff

こちらのおいしさの秘訣は素材のチョイスにあり。

余計な精製をしない小麦の全粒粉など、自然素材にこだわられています。

うたい文句としては使い古された言葉ですが、一度口にしてみれば違いは一目瞭然

舌で感じる甘さはやさしくても、口いっぱいに広がる風味はとっても豊か。

出典:ameblo.jp

一枚売りをされているので、ほしい分だけいただけるのもうれしいところ。

おすすめは有名メディアの表紙も飾った「ベア」。

熊のフォルムをしたクッキーは、トッピングのないシンプルなタイプ。坂田焼菓子店のおいしいを体感するのにピッタリな一枚です。

日持ちの短さが難ですが、ピース売りされているチェリーパイも感動できる一品。

坂田焼菓子店

お土産に選びたい京素材のアクセント

烹菓(ぽうか)

出典:ameblo.jp

最後にご紹介する烹菓も材料にこだわりをもつお店のひとつ。

創業30年、クッキーを専門に扱われている洋菓子店です。

小麦粉は国産、マーガリンではなくフレッシュバター、保存料などは加えないという徹底した姿勢を貫いています。

出典:食べログ

お土産におすすめするポイントは、そんな自然派クッキーに加えられた京都ならではのフレーバー

地元京都の食材を活かしているのが特徴的です。

「京人参クッキー」は、正月料理に欠くことのできない金時人参を練りこんだタイプ。

人参の風味がふわっと香る、ほど良いアクセントが効いています。

出典:烹菓

自然豊かな京都北部の美山で採れる野菜やよもぎ、ゆばなど、好みを組み合わせて購入したいですね。

名実ともに京都のお土産になるクッキーです。

烹菓

グルメを中心としたそのほかの記事はこちら

グルメ記事のカテゴリートップ

“人気グルメ”で探す京都観光

老舗の喫茶や有名パティシエなどのおすすめカフェ

京都観光で訪れたいおすすめカフェ|人気の理由で選ぶイチオシのお店


以上、京都でおすすめの美味しいクッキーをご紹介しました。

個人的なベストは坂田焼菓子店ですが、まだまだ食べたことのない名店のクッキーがたくさんあるはず。

ご覧いただいた人もぜひ、おいしいクッキーのナンバーワンを見つけ出してみて下さい!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする