京都でおすすめの絶品チョコレート!|有名専門店から絶品ケーキにお土産まで

高級チョコレートや厳選材料のチョコレートがトレンドですが、京都ももちろん流行の舞台。

有名なチョコレート専門店から、おなじみのスイーツショップまで、それぞれの一押しをチェックしてみましょう

今回はチョコレートをキーワードに、京都でおすすめの専門店、有名店をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

NYのマリベルが日本に唯一置く旗艦店

MarieBelle(マリベル)

出典:京都もよう

マリベルはハリウッドスターやその他多くの有名人から愛される、ニューヨークのチョコレート専門店。

カカオ豆を生産する農園と直接コンタクトをとり、商品開発とその農家をリスペクトする姿勢には、世界中から注目を浴びています。

そんな専門店が日本に唯一置いた支店は、古き良きものを大切にする街として目にとまった京都にあります

出典:livedoor Blog

1階はお土産用などのチョコレートショップ。真四角の小ぶりなチョコ一粒ずつにアートなプリントがされたがナッシュは有名ですね。

約30種あるこちらは、フレーバーもひとつひとつ異なります。

シングルオリジンと呼ばれるチョコレートは、マリベルのこだわりである特定産地のカカオだけで作った贅沢な一品。

出典:食べログ

2階にはカフェも併設されているので、京都観光中一息つくにもおすすめ。

アンティークに囲まれた空間で、特製のチョコレートドリンクをいただきましょう。

MarieBelle

京都の町家カフェで生チョコレートをいただく

京都生ショコラ

出典:NDA-Blog – Seesaa ブログ

こちらは京都の町家をカフェにしたチョコレート専門店。

今日の東エリア、平安神宮近くにあり、観光の足休めに押さえておきたいお店です。

出典:ameblo.jp

ホテルシェフなどの経験を経て、生チョコレートを極めたいという思いから立ち上げられたこちらのカフェ

メニューはシンプルで、生チョコレートとケーキにドリンクのみ。

HPなどでも過大に華やかさは出さず、モノづくりにこだわる職人気質が感じられます。

いっそう期待も高まりますね。

出典:食べログ

店内はBGMを流さないなど、雰囲気づくりにも余念がありません。

中庭を眺めながら、ほっと一息ついてみては。

京都生ショコラ

京都ならではの抹茶チョコレート

マールブランシュ

出典:tabelog.com

マールブランシュといえば京都の地元スイーツショップとして有名なお店です。

ごあいさつのお土産など、京都人の生活にもなじんだスイーツが豊富ですよ。

出典:集いの場“Scene” – はまぞう

チョコレートだけでも注目は数多くありますが、まずは京都らしく抹茶スイーツから。

「生茶の菓」は抹茶とチョコレートを合わせたフォンダンショコラ

ろける生チョコレートのような濃厚ケーキで満足感もばっちり。

出典:slism.net

祇園店だけで購入できるのは「加加阿(かかお)365」。

ミルク感たっぷりのとろけるチョコレートを、ビターテイストのチョコレートで包んだ、味わいを計算し尽くした一品。

名前のとおり、毎日その日だけの模様がおされるという遊びごころも。お土産に喜ばれないはずがありません。

マールブランシュ

京都でおすすめのクッキー特集

京都でおいしいクッキーさがし|お土産にもしたいおすすめは?

老舗洋菓子店の川床でアフタヌーンティー

サロンドロワイヤル

出典:ことりっぷ

今回ご紹介するお店のなかでも老舗中の老舗、創業から80年経つサロンドロワイヤル。

昔ながらのピーカンナッツチョコレートなど、リピーターの多いお店としても有名です。

味わいだけでなく、一粒ずつ小包装された懐かしい見た目も特徴的。

出典:サロンドロワイヤル

商品の販売だけでなく、5月から9月までの間は屋外のカフェを利用できるのもこちらの魅力

蒸し暑い季節を鴨川沿いに涼をとってすずむ、京都ならではの川床文化。

和洋中さまざまなグルメはよくあるのですが、スイーツと川床のコラボはなかなか希少ですよ

出典:ニュースウォーカー – Walkerplus

特製ケーキとティーセットで至福のひとときを。

お帰りの際はピーカンナッツチョコレートのお土産をお忘れなく。

サロンドロワイヤル

人気急上昇のチョコレート専門店で特製トリュフを

牟尼庵(むにあん)

出典:食べログ

京都の中心街、四条通りから隠れた路地に入った場所にある牟尼庵。

HPには商品の生産が追いつかない旨のお詫びすら掲載されている、人気店の一角です。

工房も併設されている店内には、チョコレートの香りがふんわりと漂っています。

出典:ことりっぷ

そんな有名店の注目はトリュフチョコレート。

濃厚なのに、ふわふわでなめらかに溶けていく食感も楽しめるのには、その作り方に秘密が

作業時間と温度管理に徹底したこだわりが必要なためで、牟尼庵でしか味わえないという理由もここにあります。

出典:牟尼庵

京都店頭を訪れたときには、ぜひお土産の調達もしておきましょう。

あれこれ迷う人には「懐中ショコラショー」がおすすめ。

店頭販売のみのこちらは、お湯を注げばショコラドリンクが出来上がる、チョコレート入り最中。

見た目にも喜ばれるお土産になりそう。

牟尼庵

雑味を加えない、カカオ本来の味が味わえる

Dari K(ダリケー)

出典:Dari K

最後にご紹介するダリケーは、原料となるカカオ豆の生産地とのつながりを大切にする専門店。

独自に生産者とのつながりを持ち、一般的に流通するチョコレートを超える美味しさと、それに対する正当な対価を追求しています

日本人オーナー自ら生産地に出向き、現地の人と関係を深めようとするひたむきな姿勢です。

出典:sweetsreporterchihiro.com

カカオ本来の酸味や香ばしさを残したチョコレートは、ダリケーでしか味わうことのできないオリジナル。

チョコのフィナンシェ「カカオスティック」や、カカオの風味をいかした「はちみつカカオ」など、こちらならではの商品も。

出典:fujimaki-select.com

お店の想いがこめられたアイテムに「手作りチョコレート・キット」も気になります。

ダリケーオリジナルのカカオ豆を使って、チョコレート作りの工程を体験できるもの。

砂糖を加えるだけのピュアな味わいはどんなものなのでしょうか。

Dari K

グルメを中心としたそのほかの記事はこちら

グルメ記事のカテゴリートップ

“人気グルメ”で探す京都観光

老舗喫茶や有名パティシエなどのおすすめカフェ

京都観光で訪れたいおすすめカフェ|人気の理由で選ぶイチオシのお店


以上、京都でおすすめのチョコレートを扱うショップ、専門店をご紹介しました。

お土産にできそうな一品から、お店自慢のケーキとティーセットなど、それぞれの強みがありますね。

足をのばせる人は、専門店巡りにトライしてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする