秋の京都におすすめ観光コース!|閑静な詩仙堂で紅葉観賞のあとは、メディアで大人気の和風ティラミスをいただきに♪

秋の京都観光といえばやっぱり紅葉狩り。

清水寺や南禅寺、嵐山など、紅葉に染まる名所が目白押しです。

どれも記憶に残る絶景ですが、どうしても避けられないのが人混み。

そこで今回は、少しニッチでも静かに紅葉を楽しむことができる名所をご紹介します

グルメスポットなども合わせて観光コースとして組んでいるので、秋の京都観光プランとしてもどうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

京都の中心街から足をのばして赤山禅院で紅葉観賞

赤山禅院(せきざんぜんいん)

出典:imamiya.jp

秋の京都観光コース、今回は京都北エリアからスタートです。

叡山電車「修学院」駅から少し歩いた赤山禅院を拝観しましょう。

比叡山延暦寺の子院であるこちらは、京都の中心街から離れていることもありとても静か。

出典:Gooブログ

「もみじ寺」の別名からも分かる通り、こちらは隠れた紅葉スポットのひとつ。

11月後半に見頃をむかえるカエデの古木が境内のいたる所に立っています。

山門から社殿に続く参道にできる紅葉のトンネルはここ一番の見どころ

出典:京都旅屋

もうひとつの見どころは地蔵堂の前に咲く寒桜。

赤く色づいたカエデとは対照的に、真っ白な花びらが絵になります。

参拝料なしで自由に拝観できるというのもうれしいですね。

赤山禅院

叡山電車「修学院」駅から徒歩20分

知名度であなどれない曼殊院門跡の仏教美術

曼殊院門跡(まんしゅいんもんぜき)

出典:京都もよう KYOTO MOYOU

続いて向かう先は曼殊院。赤山禅院からは修学院離宮を挟んだ南側、一乗寺エリアにある観光スポットです。

こちらでは紅葉だけでなく、仏教美術や建築まで楽しむことができますよ。

出典:アメーバブログ

所蔵されている宝物には、国宝の黄不動尊や近年人気の狩野派が描いた虎の襖絵など、知名度からは想像もできないような見どころばかり

繊細な細工がされた欄間や杉戸の引き手などは、京都の桂離宮を手がけた工房で作られたものといわれています。

出典:imamiya.jp

もちろん秋の京都でお約束の紅葉もあり。

参道の両側を覆う大きなモミジが色鮮やかなトンネルを作りだします。

枯山水庭園の白砂と紅葉の真紅も写真スポットとしてお見逃しなく

曼殊院門跡

赤山禅院から徒歩15分

良品安価の漆器専門店でお土産探し

うるしの常三郎 曼殊院道工房

出典:コトログ京都

曼殊院門跡を拝観したあとは、気分転換に京都のお土産散策をしてみましょう。

曼殊院近くの閑静な住宅街にある漆器専門店、うるしの常三郎の工房におじゃまします。

出典:nagomi916.exblog.jp

漆器をもっと身近に使ってほしいという創業者の想いから、リーズナブルな価格で販売されているのがこちらのお店

自社工房で製作した漆器が中心で、観光のお土産としても気軽に買える商品が揃います。

出典:ameblo.jp

漆器と聞いても用途が思い浮かばないという声がありますが、気兼ねなく普段使いできるものが多いのもうれしいところ。

料理にちょっと一品加えたとき役立つ片口小鉢は1,000円弱

これで飲めば味が柔らかくなると評判のビアカップもおすすめですよ。

うるしの常三郎

曼殊院から徒歩6分

秋の京都でおすすめのグルメスポット特集

秋の京都で食べたいグルメ特集!フルーツに松茸、京料理などおすすめ店をチェック



↑宿泊はもちろん、京都観光に関する情報も満載です

京都のおばんざいをリーズナブルな定食でいただきましょう

ちゃまた

出典:ameblo.jp

秋の京都観光コース、前半戦ラストはおばんざいランチで締めくくりましょう。

飲食店の少ない曼殊院周辺ですが、ちゃまたなら京都らしい定食をリーズナブルにいただけます。

出典:食べログ

お昼のメニューは数種のおかずから好きなものを2品選ぶ定食スタイル。

中心街を外れると利用せざる得ないちょっぴり残念なお店に出会うことも時折ありますが、こちらはまったくの心配なし。

魚を中心としたしっかり和食のおかずがスタンバイしています

出典:転勤日記

日替わりのおかずは鮮魚のお造りやタタキ、煮魚などなど。

京都らしいおだしのきいた出し巻玉子と野菜の煮物も並ぶと、白ごはんもすすみますね

お店選びに迷ったら、ちゃまたを選べば間違いありません。

うるしの常三郎から徒歩8分

江戸時代の文人が建てた庵でひっそり紅葉観賞…

詩仙堂

出典:詩仙堂 | 京都の観光スポット | 京都観光情報 KYOTOdesign

ランチを終えたら観光コースは後半戦、ちゃまたから徒歩で10分ほどの詩仙堂を訪れましょう。

詩仙堂は江戸時代の文人、石川丈山(いしかわじょうざん)が建てた山荘跡。

丈山が90歳で没するまでの31年間、詩や書、作庭などに没頭した草庵でした。

出典:blog.goo.ne.jp

室内には中国古代の著名な詩仙の肖像画と詩が四方の壁に掲げられています。

こちらが詩仙堂と呼ばれるようになったのは、この部屋を中心としたお堂であるからとか。

いずれも狩野探幽に描かせたというのだから貴重です

出典:ほんだ建築

庭園には丈山が考案したといわれる“ししおどし”の音がコン…と響きます

鮮やかに色づいた紅葉を堪能しましょう。

詩仙堂

ちゃまたから徒歩11分

一乗寺でティータイムするならメディアで人気の和風ティラミス

一乗寺中谷

出典:kyoto.graphic.co.jp

秋の京都観光コースも終盤戦、午後のティータイムを楽しむのに一乗寺中谷へ向かいます。

京町屋をイメージした落ち着いた外観のこちらは三代続く和菓子の老舗。

肩肘を張るような雰囲気はないおしゃれな店内で、観光の足休めをするのに最適です

出典:livedoor Blog

名物は名前もユニークな「でっち羊かん」。

丹波産大納言小豆と米粉を練り合わせ、竹の皮で包み蒸し上げたお餅のような羊かんです。

甘さひかえめで、もっちりした食感は食べごたえも十分。

多少日持ちするので、お土産にしても良いかもしれません。

出典:アクアディーナ

でっち羊かんに負けない人気メニューが「絹ごし緑茶てぃらみす」

パティシエでもあるオーナー婦人が考案した和風ティラミスは、メディアでも取り上げられるほどの大評判。

絹ごし豆腐のような滑らかさと、生クリームと緑茶の絶妙な味のバランスは必食ですよ。

一乗寺中谷

詩仙堂から徒歩5分

↑静かに秋の京都観光を楽しむなら…

モデル観光コースを中心としたそのほかの記事はこちら

モデル観光コース別記事のカテゴリートップ

“モデルコース”で探す京都観光

秋の京都でおすすめのお土産特集

秋の京都お土産9品|季節限定・おすすめ目線で厳選しました♪


以上、秋の京都でおすすめの観光コースをご紹介しました。

京都の紅葉スポットは数多くありますが、“紅葉+〇〇”のようなほかの見どころを比較してみると足を運んでみたいスポットを決めやすくなりますよ。

観光コースが完成したら、早速秋の京都に訪れてみて下さいね!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする